退職金の税金は確定申告すべし!

退職金の税金の税金対策としては、まず、退職した年については、確定申告をしたほうが良い場合が多いということです。

退職金の税金そのものについての税金対策というよりも、退職金を受取る年には行ったほうが得なことが多いという意味です。

退職される理由としては、定年や結婚、リストラなどさまざまでしょうが、確定申告をすれば、所得税の一部が還付されます。

毎月の給与から、所得税が源泉徴収されています。

そして月々の源泉徴収税額というのは、1年間つまり12ヶ月間働くことを前提に計算されており、月々の納税額には、生命保険料控除や損害保険料控除なども含まれて居ません。

確定申告をすればこれらの分が還ってきます。

退職される前までは、毎年、年末調整というシステムによって、本人が確定申告といった手間をかけることなく、会社のほうで所得税について清算がなされています。

年の途中に退職して、そのまま再就職していない場合には、年末調整をうけていないので、所得税の清算ができていないのです。

posted by 退職金税金 | 退職金の税金

個人年金比較シュミレーションツール

「年金は国庫負担率引き上げなければ2020年代に破綻」などとつい先ごろニュースになりましたが、退職金の有効な使い方として個人年金も考えています。

個人年金の中でも人気の高い個人年金保険を「年齢」と「性別」から概算シュミレーションできます。個人年金保険の検討にご活用ください。

  • 今人気の高い個人年金保険の中から、
  • かかる保険料と受取保険料が概算でわかり、
  • 欲しいものだけ選んで資料請求(無料)もできます。

個人年金比較シュミレーション例

保険料シミュレーション START!


店舗で相談予約ツール

質問したり相談しながら決めていきたいかたは店舗で保険のプロに相談(無料)されるのがおススメ。下記からご希望の店舗でご都合の良い日時指定でご予約できます

  • 住まいやお勤め先の近くの店舗で
  • 予約しておけば待たされることなくスムースに
  • 中立な立場の保険のプロに相談できます

店舗写真

「都道府県」→ご希望の「店舗」を選択